2017年10月06日

綾瀬はるかや多部未華子も演じていたカズオ・イシグロの作品とは?


今年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏。

村上春樹が受賞しなかったのは残念ですが、
彼の後輩であり親友でもあるカズオ・イシグロ氏が受賞したので、
ハルキストをはじめ、
読書マニアは、日本人が受賞したということもあって喜びの声をあげていますね。


カズオ・イシグロ氏の代表作は、『私を離さないで』。


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)


これ、日本でもかなり読まれている本です。

しかも、多部未華子や綾瀬はるかも舞台やドラマで主人公を演じているしね。

臓器移植やクローンのための学校という「異常な」設定が目を引きますが、
それだけではなく、じんわりと心にしみてくる問題作でもあります。

いろいろと考える材料を読者に提供しつつ、
読後感はいつまでも、重たいものがのしかかるような感じ。

読書家からの評価、高いですね。

イギリスでは映画化もされているしね。

カズオイシグロ氏は、今では日本語がほとんど話せないそうで、
ひらがな程度。

日本にいたのが5歳の時までだそうなので、それは仕方ないよね。






posted by pan太郎 at 08:33| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。